肌のコンディションは人それぞれ|敏感肌が見つけるマイベスト化粧水

女性

成分の効果と注意点

基礎化粧品

ビタミンCの効果

ビタミンC誘導体は、化粧水、美容液、乳液やクリーム、オールインワンなどの基礎化粧品に配合されている成分のひとつです。ビタミンCという名称のとおり、ビタミンCをい原料として作られた成分で、本来のビタミンCよりも肌に浸透しやすくなっています。ビタミンC誘導体入りの化粧水には、過剰な皮脂を抑える働きや、メラニン細胞の発生を抑える働き、コラーゲンの発生を促進する働きなどがあります。そのため、ビタミンC誘導体入りの化粧水は、「ニキビを治す」「しみやそばかすを防ぐ」「エイジングケアができる」などの売り文句で販売されています。肌への浸透力が高いので有効成分が働きやすく、様々な肌トラブルが一本で解決できます。

濃度

とても美容効果が高いビタミンC誘導体ですが、使う人によっては肌に負担になる場合もあります。ビタミンC誘導体入りの化粧水は沢山販売されていますが、もともと肌が弱い人やアレルギーがある人は、濃度が低い化粧水を選ぶことをおすすめします。使っていて肌に異変が起きたら使用を中止し、治らない場合は病院を受診して医師に診てもらうことをおすすめします。最近はビタミンC誘導体のパウダーが売られていて、精製水と混ぜて自分で化粧水を手作りすることもできます。手作りなら自分の肌にあった濃度にビタミンC誘導体を調整できるので便利です。ただし、手作り化粧水の場合防腐剤が入っていないので、冷蔵庫に入れて2週間〜1ヵ月で使い切ることが大切です。

Copyright© 2016 肌のコンディションは人それぞれ|敏感肌が見つけるマイベスト化粧水 All Rights Reserved.